この2年近くの間で、多くのことが変化し、新しい技術や商品、考え方が生まれ、日常が変わりました。

でも決して変わらないこともあります。そのひとつとして、人と人との繋がりの大切さだと思います。むしろ、以前よりその大切さをより実感し、温かさを感じられるようになった気がしています。

キョリをとり、密は避けるというのが、今のスタンダードだからこそ、大切なひととのこころのキョリは近く、しっかり繋がっていたいなと、より思うようになりました。

手をつなぐ、ギュッとハグする、物理的で目に見えるカタチの近さだけではなく、誰かを想う、心配する、そういった目には見えづらい繋がりの大切さを実感させられました。

その、目には見えないものこそが、大切で温かくて、見えないからこそ、ひとはそれらをこころで感じて、生きるチカラに変え、前へ進む原動力としているのだと思います。


本当に大切なものは目に見えないのかもしれませんね。「星の王子様」の一節にもあるように。


想いや気持ちが目には見えないように、繋がりもまた、目には見えないのかもしれませんが、ひとは、優しさや想いやり、配慮や遠慮、ときには憎しみや妬みでさえも感じとれてしまう。

それは言葉や態度、表情の裏に隠された本当の意味や気持ちを、それぞれが相手の立場に立って考えているからです。

ひとはみな、ひとりひとり感性を持っているからこそ、相手の気持ちを感じとれるのだと私は思います。その感性をもって、多くの物、人、事から、こころの温かさを感じることができる。

その温かさ、温もりこそが繋がりの正体なのだと思うのです。


ひととの物理的キョリは遠くなければならない今だからこそ、多くのひとに、誰かとこころを繋げていてほしい。そういう気持ちをリニューアルに込めました。

接客サービス・コミュニケーションはもちろんのこと、ひとつひとつの商品を通して、繋がりを感じていただけるような、心のこもった商品づくり・品揃えをして、皆さんをお持ちしております。


FOR STARLITは、皆さんの日常にちょこっとだけ彩りを添えられるような、そしてどこか懐かしくて、繋がり、温もりを感じられるような、そんなちっちゃないばしょを目指していきます。